話題 PR

ダイハツ不正車種の補償はどうなる?車種一覧表や対応・不正内容は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ダイハツ不正車種の補償はどうなるのでしょうか?

ダイハツ不正車種対応一覧表や実際の対応・不正内容も気になりますよね。

今回は、ダイハツ不正車種の補償はどうなる?車種一覧表や対応・不正内容は?についてまとめていきます。

 

この記事でわかること

  • ダイハツ不正車種の補償はどうなる?
  • ダイハツ不正車種一覧表は?
  • ダイハツ不正車種の対応はどうなる?
  • ダイハツ不正内容は?
ダイハツ不正はなぜバレた?発覚の理由は内部告発でダメハツ呼ばわり?ダイハツ不正はなぜバレたのでしょうか? 発覚の理由は内部告発ですが、34年前からの不正とは驚きですよね! このような騒動もア...
ダイハツ納車待ちはどうなる?キャンセルできるのか返金・出荷停止はいつまで?ダイハツの不正で納車待ちの場合はどうなるのでしょうか? キャンセルできるのか返金されるのか、出荷停止はいつまでなのかも気になります...
ダイハツ不正で倒産・破産の可能性は?株価急落で大量リストラも?ダイハツは不正により倒産の可能性はあるのでしょうか? ダイハツの不正で株価急落し潰れるのではないかという声が多く、大量リストラの可...
ダイハツのミライ―ス不正内容や不正箇所は?リコール情報も!ダイハツのミライ―ス不正内容や不正箇所はどこなのでしょうか? リコール情報も気になりますよね! 今回は、ダイハツのミライ―ス...

ダイハツ不正車種の補償はどうなる?

ダイハツの不正車種の補償はどうなるのかについて、以下の情報をまとめました。

  1. 新車で購入し、現在乗っている人
    • 補償(対応)
      ダイハツは新車検査で不正を行ったが、その後の社内検査では合格点を得たため、引き続き乗車しても問題ないと発表しています。
  2. 中古で購入し、現在乗っている人
    • 補償(対応)
      ダイハツの所有権を離れているため、直接の対応は考えていません。
      乗り続けるかどうかは購入者の判断に委ねられます。
  3. 納車待ちのユーザー
    • 補償(対応)
      未生産の契約車については生産再開まで待ってもらう必要があります。
    • 清算されていない車12,000台は納車を取りやめ
    • 生産済みの契約車については、お客様一人ひとりと相談して対応を決めるとのことです。

詳しくは以下もご覧ください。

ダイハツ納車待ちはどうなる?キャンセルできるのか返金・出荷停止はいつまで?

  1. 海外ユーザー
    • 補償(対応)
      各国の当局に状況を共有し、その国の基準に満たされれば販売を再開する計画です。

 

以上の情報は、ダイハツの不正問題に関する最新の報道と公式発表に基づいています。

今後の動向によっては、補償の内容や対応が変更される可能性があります。

 

ダイハツ工業の不正問題に関する問い合わせ先を以下の表にまとめました。

具体的な問い合わせ内容や状況に応じて、適切な窓口に連絡を取ることが推奨されます。

問い合わせ内容 問い合わせ先 電話番号 受付時間
不正行為に関する問い合わせ ダイハツ工業株式会社(専用ダイヤル) 0120-055-789 9時~21時
使用中の車について 最寄りのダイハツ販売会社 各店舗にお問い合わせ 店舗による
リコール情報について 最寄りのダイハツ販売会社

リコール対象の検索

各店舗にお問い合わせ 店舗による
一般的な問い合わせ ダイハツお客様コールセンター 0800-500-0182 9時~17時
手話での問い合わせ 手話通訳サービス(PLUS Voice SkyRTC) 9時~17時

 

ダイハツ不正車種一覧表は?

ダイハツ工業の不正行為に関連する車種の一覧を以下にまとめました。

ダイハツ不正車種は以下の4通り

  • 生産中の車28種
  • 生産終了の車18種
  • 海外で販売している車16種
  • 海外で生産終了した車2種

合計64車種

国内販売車種(現行生産/開発中)

  • ミラ イース
  • タント
  • タフト
  • ムーヴ キャンバス
  • コペン
  • ハイゼット カーゴ
  • アトレー
  • ロッキー
  • トール
  • グランマックス
  • プロボックス
  • ピクシス エポック(トヨタ)
  • ピクシス バン(トヨタ)
  • ピクシス トラック(トヨタ)
  • プレオ プラス(スバル)
  • シフォン(スバル)
  • サンバー(バン/トラック)(スバル)
  • ライズ(トヨタ)
  • レックス(スバル)
  • ルーミー(トヨタ)
  • ジャスティ(スバル)
  • タウンエース(トヨタ)
  • ボンゴ(マツダ)
  • ファミリア バン(マツダ)

生産中の車種28種は、ダイハツがトヨタの子会社となり方向性を軽自動車に向けていたことにより軽自動車が多い印象です。

特に都市部に住む方は、同をの道幅なども考慮して軽自動車を好む方も多く、今回の不正にも影響を受けた方が多い印象です。

ダイハツは2022年度で自動車販売においてシェア33%となっており、軽自動車を所有している方の3人に1人はダイハツの車を所有している計算になります。

軽自動車の販売で17年間連続売り上げ1位なだけあり、今回の不正は他人事とは思えないですよね。

出典:ダイハツが新たに公表した認証試験不正の対象車種

生産終了車種(国内)

  • ミラ トコット
  • ブーン
  • パッソ(トヨタ)
  • キャスト
  • ピクシス ジョイ(トヨタ)
  • ムーヴ
  • ステラ(スバル)
  • ムーヴ コンテ
  • ピクシス スペース(トヨタ)
  • iQ(トヨタ)
  • ハイゼットトラック
  • ピクシス トラック(トヨタ)
  • サンバー トラック(スバル)
  • アプローズ

生産終了済である車18種は、2000年から2023年6月まで生産を行っていた車種で、多岐にわたります。

出典:ダイハツが新たに公表した認証試験不正の対象車種

海外販売車種

  • AGYA/WIGO
  • AXIA
  • AXIA(旧型)
  • RUSH
  • ARUS
  • XENIA
  • AVANZA
  • VELOZ
  • ALZA
  • RAIZE
  • MYVU
  • BEZZA
  • YARIS/VIOS
  • YARIS CROSS
  • 開発中車種

【海外生産終了車種】

  • CUORE(欧州向け3ドア仕様)
  • iQ

海外で一番多くの影響を受けたのは10車種の販売をしていたマレーシアということがわかりますね。

出典:ダイハツが新たに公表した認証試験不正の対象車種

これらの車種は、安全試験における不正行為が確認されたため、生産停止やその他の措置が取られています。

今後の動向によっては、これらのリストや対応が変更される可能性があります。

ダイハツ不正車種の対応はどうなる?

ダイハツ工業の不正問題に関連する今後の対応について、以下の情報をまとめました。

  1. 出荷停止の状況:
    • ダイハツは、不正問題を受けて国内外で生産中の全てのダイハツ開発車種の出荷を一時停止しています。
    • 出荷再開の時期は未定で、国土交通省や各国の関係当局との協議の上、必要な対応を進める予定です。
  2. リコールの可能性:
    • 不正があった車種については、技術検証と原因究明が行われており、必要に応じてリコール対応が行われる可能性があります。
    • ダイハツ・キャストとトヨタ・ピクシスジョイに関しては、側面衝突時のドアロック解除が法に適合していない可能性が判明しており、これらの車種がリコール対象となる可能性が高いです。以下の表に記載のあるものはリコール対応可能なため、ダイハツ販売店に問い合わせ下さい。

リコールの発表がされているものは以下からチェックしてみてください。

実施日 対象車種 リコールの理由 実施措置
2022年12月1日 ハイゼットトラックコンパクトテールリフト 排気管設定の問題 部品の交換
2022年12月23日 ムーヴ、キャスト、ブーン フロントガラスカメラ固定不良 接着強化
2023年1月19日 タフト、タント、トール、ロッキー パーキングブレーキ制御のプログラム不具合 プログラムの修正
2023年2月2日 タント、タフト、ムーヴキャンバス、ロッキー エアバッグコンピューター不具合 コンピューター交換
2023年3月2日 ムーヴキャンバス、ロッキー ボディ統合制御コンピューター不具合 コンピューター交換
2023年4月6日 ハイゼット、ハイゼットデッキバン(MT車) メーターパネル設計不適切 部品の交換
2023年5月26日 ムーヴ、キャスト、ミライース、ミラトコット、タント、ウェイク、ハイゼットキャディー、ムーヴキャンバス、コペン、ハイゼットトラック 燃料ポンプのインペラ成形不良 部品の交換
2023年6月23日 トール フォグランプ不良 部品の交換
ムーブ、ブーン、キャスト フロントガラスカメラの固定不良 部品の交換
2023年11月2日 ハイゼットトラックなどの補修用部品 燃料ポンプのインペラ成形不良 部品の交換
トール、ブーン 燃料ポンプのインペラ成形不良 部品の交換

 

  1. キャンセルと返金:
  2. 再発防止策:
    • ダイハツは、認証業務の見直しやコンプライアンス意識を第一とした企業風土の抜本的な改革に取り組む予定です。

 

ダイハツ不正内容は?

ダイハツ工業による不正行為の内容は以下の通りです。

不正行為の範囲

  • 試験項目
     25の試験項目で174個の不正行為が確認されました。
  • 関与車種
     不正行為には64車種・3エンジンが関与しており、これにはダイハツブランドの車種だけでなく、トヨタ、マツダ、SUBARUへのOEM供給車種も含まれています。

 

具体的な不正内容

  • エアバッグ関連の不正
    衝突試験で、量産品と異なる「エアバッグ展開コンピューター(ECU)」が使用されていた事例があります。
  • 安全性能の不適合
    キャスト/ピクシスジョイの側面衝突試験において、乗員救出性に関する安全性能(ドアロック解除)が法規に適合していない可能性が判明しました。
  • その他の不正
     衝突試験のほか、排ガスや燃費の試験でも不正行為が行われていました。
    例えば、エアバッグの衝突試験でセンサーではなくタイマーによって作動させたり、衝突時の衝撃試験で運転席側の代わりに助手席側の試験結果を使用するなどの事例があります。

 

原因と背景

  • 開発スケジュールの問題
    過度にタイトで硬直的な開発スケジュールの中で、「認証試験は合格して当たり前」という強烈なプレッシャーがあったことが指摘されています。
  • 経営の問題
    経営陣が現場の実態を十分把握せず、現場が困った時に声を上げられない環境を放置していたことが背景にあります。

 

今後の対応

  • 出荷停止
    ダイハツは国内外の全てのダイハツ開発車種の出荷を一時停止し、必要な対応を進めています。
  • 再発防止策
     認証業務の見直しに加えて、コンプライアンス意識を第一とした企業風土への抜本的な改革に取り組むとしています。
  • トヨタの支援

    トヨタ自動車の全面的な支援を受けながら、会社の再生に向けて取り組んでいくと発表しています。

ダイハツ不正車種の補償はどうなる?車種一覧表や対応・不正内容まとめ

ダイハツ不正車種の補償はどうなる?車種一覧表や対応・不正内容についてのまとめはこちら!

  • ダイハツ不正内容:
    • 25の試験項目で174個の不正行為。
    • エアバッグ展開コンピューター(ECU)の不正使用、安全性能の不適合など。
  • ダイハツ不正関与車種:
    • 64車種・3エンジン(ダイハツブランド、トヨタ、マツダ、SUBARUのOEM車種含む)。
  • 補償・ダイハツ不正対応:
    • 新車購入者: 引き続き乗車可能。
    • 中古車購入者: 直接の対応なし、乗り続けるかは購入者判断。
    • 納車待ちユーザー: 生産再開まで待機、生産済み車両は個別対応。
    • 海外ユーザー: 各国基準に満たされれば販売再開。
  • ダイハツ今後の対応:
    • 全車種出荷停止、安全性能の再検証。
    • コンプライアンス意識の強化、企業風土の改革。

 

ダイハツ不正はなぜバレた?発覚の理由は内部告発でダメハツ呼ばわり?ダイハツ不正はなぜバレたのでしょうか? 発覚の理由は内部告発ですが、34年前からの不正とは驚きですよね! このような騒動もア...
ダイハツ納車待ちはどうなる?キャンセルできるのか返金・出荷停止はいつまで?ダイハツの不正で納車待ちの場合はどうなるのでしょうか? キャンセルできるのか返金されるのか、出荷停止はいつまでなのかも気になります...
ダイハツ不正で倒産・破産の可能性は?株価急落で大量リストラも?ダイハツは不正により倒産の可能性はあるのでしょうか? ダイハツの不正で株価急落し潰れるのではないかという声が多く、大量リストラの可...
error: Content is protected !!