話題 PR

ダイハツのミライ―ス不正内容や不正箇所は?リコール情報も!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ダイハツのミライ―ス不正内容や不正箇所はどこなのでしょうか?

リコール情報も気になりますよね!

今回は、ダイハツのミライ―ス不正内容や不正箇所は?リコール情報についてまとめていきます。

ダイハツ不正車種の補償はどうなる?車種一覧表や対応・不正内容は?ダイハツ不正車種の補償はどうなるのか、ダイハツ不正車種対応一覧表や実際の対応・不正内容も気になりますよね。 この記事では、ダイハツ不正車種の補償はどうなる?車種一覧表や対応・不正内容は?についてまとめていきます。...
ダイハツ不正はなぜバレた?発覚の理由は内部告発でダメハツ呼ばわり?ダイハツ不正はなぜバレたのでしょうか? 発覚の理由は内部告発ですが、34年前からの不正とは驚きですよね! このような騒動もア...
ダイハツ納車待ちはどうなる?キャンセルできるのか返金・出荷停止はいつまで?ダイハツの不正で納車待ちの場合はどうなるのでしょうか? キャンセルできるのか返金されるのか、出荷停止はいつまでなのかも気になります...
ダイハツ不正で倒産・破産の可能性は?株価急落で大量リストラも?ダイハツは不正により倒産の可能性はあるのでしょうか? ダイハツの不正で株価急落し潰れるのではないかという声が多く、大量リストラの可...

 

ダイハツのミライ―ス不正内容や不正箇所は?

ダイハツのミライ―スの具体的な不正内容には、衝突試験データの改ざんやエアバッグのタイマー着火、試験結果の虚偽記載などが含まれていました。

これらの行為は、新車の開発に必要な認証試験を確実にクリアするために行われたものです。

特に、衝突試験では、助手席の試験結果を運転席のデータとして書き込む、エアバッグを実際の衝突ではなくタイマーで意図的に作動させるなどの不正が行われました。

この不正行為の背景には、短期間での開発を追求する経営方針がありました。

この方針は、現場の担当者に対して過度なプレッシャーをかけ、認証試験を確実にパスさせるための不正行為につながりました。

この不正問題は、ダイハツ工業にとって深刻な影響を及ぼし、全車種の生産・出荷停止につながりました。

また、企業の信頼性と業績に大きな打撃を与え、トヨタ自動車や他の関連企業にも影響を及ぼしたことが明らかになっています。

この事件は、自動車業界における品質管理と企業倫理の重要性を改めて浮き彫りにしました。

ダイハツ不正の背景

  • 経営方針
    ダイハツ工業は、ミライースの開発において短期間での開発を追求する経営方針を採用していました。
  • プレッシャー
     この方針により、現場の担当者には過度なプレッシャーがかかり、認証試験を確実にパスさせるための不正行為につながりました。

ダイハツ具体的な不正行為

  1. 衝突試験データの改ざん
    助手席の試験結果を運転席のデータとして書き込むなど、衝突試験データを改ざんしていました。
  2. エアバッグのタイマー着火
    実際の衝突ではなく、タイマーで意図的にエアバッグを作動させる不正が行われていました。
  3. 試験結果の虚偽記載
    試験結果を虚偽記載し、認証試験を不正にクリアしていました。

ダイハツ不正の影響

  • 生産・出荷停止
     この不正問題は、ダイハツ工業にとって深刻な影響を及ぼし、全車種の生産・出荷停止につながりました。
  • 企業信頼性の低下
     企業の信頼性と業績に大きな打撃を与え、関連する他の企業にも影響を及ぼしました。
  • 業界への影響
     自動車業界全体における品質管理と企業倫理の重要性が再認識されるきっかけとなりました。
  • 不正車種の対応
     ダイハツは不正があった車種に対して、新車、中古車、納車待ちユーザー、海外ユーザーなどの異なるケースに応じた対応を行っています。
    具体的には、新車ユーザーには安全性が確認された後の継続使用を促し、中古車ユーザーには直接の対応を行わない方針です。
    納車待ちのユーザーには返金対応が提供されています。
  • 不正の原因
    ダイハツの不正行為の原因として、プロジェクト推進を最優先とした経営方針と、認証試験に合格することを目的とした文化が挙げられています。
    これにより、現場では法令・ルールを守れない企業文化が形成され、不正行為につながったとされています。

 

ダイハツのミライ―スのリコール情報も!

ダイハツ工業の「ミライース」に関するリコール情報を、ダイハツの公式サイトの情報を含めて詳しくまとめます。

  1. 2020年3月のリコール
    • 発表日
      2020年3月12日
    • 不具合の内容
       ステアリングホイールとステアリングコラムの取付け作業が不適切で、走行中のハンドル操作等により、取付けナットが緩み、嵌合部にガタが発生する可能性。
    • 改善措置
       ステアリングホイールの取付け状態を点検し、取付けナットを規定トルクで締付け。異常が認められる場合は、ステアリングホイールを正しく取付ける。
    • 対象車種
       ミライースを含む8車種、約4万6845台。
  2. 2023年5月のリコール
    • 発表日
       2023年5月26日
    • 不具合の内容
      燃料ポンプのインペラ(樹脂製羽根車)の成形条件が不適切で、樹脂密度が低くなり、燃料により膨潤して変形する可能性。
      これにより、インペラがポンプケースと接触し、燃料ポンプが作動不良となり、最悪の場合、走行中エンストに至るおそれ。
    • 改善措置
      全車両、燃料ポンプを対策品と交換。
    • 対象車種
      ミライースを含む18車種、約14万7000台。

ダイハツ工業の不正行為とその影響

  • 不正行為
     企業法務ナビによると、ダイハツ工業は車の衝突試験における不正行為を行っていました。
    これには、側面衝突試験における認証試作車への手加工、ポール側面衝突試験におけるデータ不正、エアバッグのタイマー着火などが含まれています。
  • 影響
    この不正行為により、ダイハツ工業は国内外の全ての車種で出荷の停止を決定しました。
    また、国土交通省はダイハツ工業の本社に立ち入り検査を行い、不正が確認された車種について安全性の確認試験を行うことを明らかにしました。

ご自身の車がリコール対象車かはこちらで検索が可能です。

 

ダイハツのミライ―ス不正内容や不正箇所は?リコール情報まとめ

ダイハツのミライ―ス不正内容や不正箇所は?リコール情報についてのまとめはこちら!

  • 不正内容:
    • 衝突試験データの改ざん
    • エアバッグのタイマー着火
    • 試験結果の虚偽記載
  • リコール情報:
    • 2020年3月: ステアリングホイール取付け不具合、約4万6845台対象
    • 2023年5月: 燃料ポンプのインペラ不具合、約14万7000台対象

不正行為により全車種の出荷停止と大規模リコールの可能性が発生。安全性の確認試験が国土交通省により実施される予定。

ダイハツ不正車種の補償はどうなる?車種一覧表や対応・不正内容は?ダイハツ不正車種の補償はどうなるのか、ダイハツ不正車種対応一覧表や実際の対応・不正内容も気になりますよね。 この記事では、ダイハツ不正車種の補償はどうなる?車種一覧表や対応・不正内容は?についてまとめていきます。...
ダイハツ不正はなぜバレた?発覚の理由は内部告発でダメハツ呼ばわり?ダイハツ不正はなぜバレたのでしょうか? 発覚の理由は内部告発ですが、34年前からの不正とは驚きですよね! このような騒動もア...
ダイハツ納車待ちはどうなる?キャンセルできるのか返金・出荷停止はいつまで?ダイハツの不正で納車待ちの場合はどうなるのでしょうか? キャンセルできるのか返金されるのか、出荷停止はいつまでなのかも気になります...
ダイハツ不正で倒産・破産の可能性は?株価急落で大量リストラも?ダイハツは不正により倒産の可能性はあるのでしょうか? ダイハツの不正で株価急落し潰れるのではないかという声が多く、大量リストラの可...
error: Content is protected !!