日常 PR

積もりやすい雪の種類は?雪の名前一覧・ぼたん雪と粉雪の違いは?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

積もりやすい雪の種類はどんなものがあるのでしょうか?

雪の名前を一覧で知りたい!という方も多いのでは?

ぼたん雪とぼた雪・粉雪などの違いも気になりますよね!

今回は、積もりやすい雪の種類は?雪の名前一覧・ぼたん雪と粉雪の違いは?についてまとめていきます。

この記事でわかること

  • 積もりやすい雪の種類は?
  • 雪の名前一覧
  • ぼたん雪・ぼた雪・粉雪の違いは?
雪雷は珍しい?意味や読み方・特徴や冬の雷が関東で起こるのはなぜ?雪雷は珍しいのでしょうか? 雪雷の意味や読み方・特徴が気になりますよね! そして冬の雷が関東で起こるのはなぜ?なのでしょう。...

積もりやすい雪の種類は?

積もりやすい雪の種類について以下にまとめました。

種類 特徴 積もりやすさ 具体的な事例
粉雪(パウダースノー) 軽くて柔らかい。
水分が少ない。
非常に積もりやすい。
風によって移動しやすい。
スキーリゾートで好まれる。
北海道のニセコなどでよく見られる。
湿雪 水分を多く含む。
重い。
積もりやすいが、重さで圧縮されやすい。 日本の海側地域(日本海側)でよく降る。
霙(みぞれ) 雪と雨が混ざったもの。 積もりにくい。
地面に触れると溶けやすい。
春先や秋口に見られる。
気温が低い日の雨が霙に変わることがある。
細氷(ダイヤモンドダスト) 非常に小さな氷の結晶。 地面に積もることは少ない。 極寒の地域で見られる現象。
北海道の内陸部で冬に観測されることがある。

この表は、雪の種類ごとに特徴と積もりやすさ、そして日本国内での具体的な事例を示しています。

雪の種類によってその特性や積もり方が異なり、それぞれが異なる気象条件や地域特性を反映しています。

 

雪の名前・種類一覧

雪の名前や種類を一覧にまとめました。

雪の種類 特徴
細雪(ささめゆき) 細やかにまばらに降る雪。
粉雪(こなゆき) 粉のようにさらさらとした細かい雪。パウダースノーとも言われ、積もらないのが特徴。
小米雪(こごめゆき) 粉のようにさらさらとした細かい雪。パウダースノーとも言われ、積もらないのが特徴。
粒雪(つぶゆき) 粒になっている雪。積もるのが特徴。
灰雪(はいゆき) まるで灰が降っているかのようにヒラヒラと舞い落ちる雪。普通の雪。
牡丹雪(ぼたんゆき) 雪の結晶がいくつか集まって大きな塊となって降る雪。気温が高い時に降りやすい。
花弁雪(はなびらゆき) 雪の結晶がいくつか集まって大きな塊となって降る雪。気温が高い時に降りやすい。
綿雪(わたゆき) 綿をちぎったような大きな雪。暖かく降水量が多い地方に降る。
餅雪(もちゆき) 綿をちぎったような大きなふわふわとした雪。暖かく降水量が多い地方に降る。
泡雪・淡雪・沫雪(あわゆき) 泡のようにふわふわで柔らかく、すぐに溶けてしまう雪。
玉雪(たまゆき) 球状に降ってくる雪。
回雪(かいせつ) 回るように舞っている雪。
驟雪(しゅうせつ) 積雲や積乱雲から降ってくる雪。
氷雪(こおりゆき) 氷化した雪。
べた雪 水分が多い雪。さらさらではなく、少しべちゃっとしているのが特徴。
濡れ雪(ぬれゆき) 水分が多い雪。さらさらではなく、少しべちゃっとしているのが特徴。
湿雪(しっせつ) 水分を含んだ湿った雪。
水雪(みずゆき) べた雪よりも水分が多い雪。みぞれみたいな感じ。
乾雪(かんせつ) 水分が少ない乾いた雪。
にわか雪 一時的に降って、すぐにやむ雪。にわか雨の雪バージョン。
大雪(おおゆき) 勢いのある雪。
豪雪(ごうせつ) 強力な勢いのある雪。
吹雪(ふぶき) 降雪が強く舞い、視界が遮られるほどの大雪。
斑雪(まだらゆき) まばらに降る雪。もしくは、まだらに降り積もった雪。
霧雪(きりゆき) 霧状の細かい雪。
はだれ雪 まばらに降る雪。もしくは、まだらに降り積もった雪。
風花(かざばな) 風上の雪が積もっている場所から風に舞って飛んでくる雪。晴れた日に風に流されながらチラチラと降ってくる雪。
霙(みぞれ) 雨と雪が混じったもの。霙は初雪と見なされる。
霰(あられ) 直径5mm未満の氷の粒。色が白色だと「雪あられ」、半透明だと「氷あられ」と呼ばれる。
雹(ひょう) あられの大きいバージョン。直径5mm以上の氷の塊。

この一覧は、雪の多様性とその特徴を示しています。

それぞれの種類は、気温や湿度、風などの気象条件によって異なる特性を持ちます。

これらの情報は、雪に関する基本的な知識を提供することを目的としています。

ぼたん雪・ぼた雪・粉雪の違いは?

ぼたん雪とぼた雪は大きな雪片で湿った雪であるのに対し、粉雪は細かくて乾燥した雪です。

  1. ぼたん雪(牡丹雪)
    • 特徴
      ぼたん雪は、雪の結晶がいくつか集まって大きな塊となって降る雪です。
      この雪は、比較的大きな雪片で、ぼたんの花のような形状をしています。
    • 発生条件
      気温がやや高めの時に降りやすく、水分を多く含んでいるために重く、湿った感じがあります。
  2. ぼた雪
    • 特徴
      ぼた雪は、ぼたん雪と似ていますが、一般的には「ぼたん雪」の別称として使われることが多いです。
      特に、大きな雪片が特徴的な、湿った雪を指すことがあります。
    • 発生条件
      こちらも気温が比較的高い時に降ることが多く、水分を含んで重い雪です。
  3. 粉雪(パウダースノー)
    • 特徴
       粉雪は、非常に細かくて乾燥した雪です。
      粉のようにさらさらとしており、軽いのが特徴です。
    • 発生条件
      低温で乾燥した気候条件の下で降ることが多く、スキー場などで好まれる雪のタイプです。
    • 積もっても軽く、風で簡単に舞い上がることがあります。

これらの違いは、主に雪の結晶の大きさ、水分含有量、そして降る気象条件によって区別されます

 

積もりやすい雪の種類は?雪の名前一覧・ぼたん雪と粉雪の違いまとめ

積もりやすい雪の種類は?雪の名前一覧・ぼたん雪と粉雪の違いについてのまとめはこちら!

  • 積もりやすい雪の種類:
    • 湿雪: 水分を多く含み、重く、積もりやすい。
    • ぼたん雪: 大きな雪片で、水分を含んで重いため積もりやすい。
  • 雪の名前一覧:
    • 粉雪、湿雪、ぼたん雪、霙(みぞれ)、細氷(ダイヤモンドダスト)、固雪、融雪、霜柱、氷雪、吹雪、綿雪。
  • ぼたん雪と粉雪の違い:
    • ぼたん雪: 大きな雪片で、水分を多く含み、重い。
    • 粉雪: 細かくて乾燥した雪、軽くてさらさらしている。
https://hatenani.com/seturai/
error: Content is protected !!