人物 PR

キタニタツヤは東大首席で現役の天才?何学部でサークルや受験の理由は?

キタニタツヤは東大主席で現役の天才?何学部でサークルや受験の理由は?
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

キタニタツヤさんは、ヨルシカのサポートや自身もシンガーソングライターとして活動している、新鋭アーテイストです。

キタニタツヤさんと言えば、2023年の紅白初出場も決まっており、そのパフォーマンスを楽しみにしている方もいるのではないでしょうか?

そんなキタニタツヤさんですが、音楽の才能だけではなく、東大を卒業されていることでも注目されています。

そこで今回は、キタニタツヤさんについて以下のことを調べてみました。

・キタニタツヤは東大首席で現役入学した?

・キタニタツヤの東大首席で天才エピソードは?

・キタニタツヤは東大何学部に現役入学した?

・キタニタツヤの東大受験理由がヤバイ?

・キタニタツヤは東大でのサークルは何?

独特の音楽センスと類まれな才能のキタニタツヤさんの学生時代について迫ります。

ぜひ最後までご覧ください。

キタニタツヤは東大主席で現役入学した?

キタニタツヤさんは東大を首席で入学したのではという噂がありましたが、実際のところ事実かどうかは不明でした。

そもそも、東大を首席で入学した人が分かる手段はあるのか調べたところ、入試の際、各科類ごとの最高点が発表され、そこで自分が首席かどうか把握できるそうです。

キタニタツヤさんは2013年4月に東大を現役合格、入学しているため、その情報を手掛かりに調べてみたものの、首席入学だったかどうかは分かりませんでした。

東大を首席で入学した人については、学習塾や予備校などで顔出しインタビューを受けて居る人、Xで公表している人などがいましたが、自分で公表しない限り分からないようです。

 

キタニタツヤの東大主席で天才エピソードは?

キタニタツヤさんの天才と言われるエピソードは以下の通りです。

・予備校など通わず東大現役合格

・東大在学中は特待生だった

・東大在学時にボカロPとしての活動を開始

予備校など通わず東大現役合格

キタニタツヤさんは、予備校などには通わず自力で東大に現役合格しています。

一般選抜と学校推薦型を合わせた2023年度の東大合格者は74.0%と、高い数字ではありますが、キタニタツヤさんのように予備校に行かずに合格している人は少ないようです。

ですので、キタニタツヤさんは相当ポイントをおさえた勉強法ができていたのだろうと思われます。

東大在学中は特待生だった

キタニタツヤさんは、インタビューで東大在学時ずっと特待生だったことを明かしています。

特待生とは、大学在学中に成績優秀者に対して学費の一部もしくは全額免除という場合もある制度です。

キタニタツヤさん自身も自分は親孝行ではないか?と語っていましたが、本当にそうですね。

しかも、誰もが必ずできるわけではない親孝行なので、天才ならではの方法といえます。

もちろん、キタニタツヤさんが努力された結果ですので、ただ「天才」だからということでもないのでしょう。

東大在学時にボカロPとしての活動を開始

キタニタツヤさんは東大在学中にボカロPとしての活動を始めました。

学業と音楽活動を見事両立し、東大卒業もされています。

ただでさえ勉強だけでも大変な東大での学生生活の中で、音楽活動もこなしてしまうなんて、ここでもキタニタツヤさんの天才ぶりが分かりますね。

 

キタニタツヤは東大何学部に現役入学した?

キタニタツヤさんが現役入学したのは、東京大学文学部で、学科は思想文学学科・美学芸術学研究室です。

キタニタツヤさんは、東大での学びについて次のように語っています。

「“美学芸術学研究室”というのは、“美しさとは何だろう?”という視点で一次元上から芸術を見るようなところだったんですが、その他に哲学や世界史など、興味のある講義を幅広く取ってました。」

引用元:https://dot.asahi.com/articles/-/39584?page=3

キタニタツヤさんの東大文学部での学びが、現在の音楽活動にも反映されているようですね。

キタニタツヤさんが東大文学部卒業ということを知った人はどう反応しているのか、SNSでの声をご覧ください。

キタニタツヤさんの歌詞のセンスについて調べたところ、東大出身だと知り笑っちゃったという声です。

 

キタニタツヤさんの才能といい、ビジュアルといい、歌もすべて非の打ち所がないという声です。

本当に完璧に見えちゃいますよね。

キタニタツヤさんの歌詞の英訳の仕方がセンスの高さを感じ、さすが東大文学部と思った人の声です。

キタニタツヤさんが東大出身だとあえて言わなくても、その音楽の才能から「ただものではない!」と感じて調べて納得する人も多いようです。

キタニタツヤの東大受験理由がヤバイ?

キタニタツヤさんは東大を現役合格・入学していますが、東大を受験することにした理由は、親に負担をかけたくないことと、親戚を学歴で黙らせてやると思ったことからでした。

1つ目の理由は、キタニタツヤさんって、とても親御さん思いだなと感じますが、2つ目の理由について詳しく見ていきたいと思います。

キタニタツヤさんは高校生時代に将来の夢について親戚に音楽活動をしたいと話したところ、「バンドマンか?」とたずねられたことが嫌だったそうです。

それで東大を目指して現役合格しちゃうところがもう、キタニタツヤさんのすごい所ですよね。

そして、音楽活動でも紅白初出場という快挙も成し遂げていることからキタニタツヤさんの親戚の方もさぞ驚かれたのではないでしょうか?

キタニタツヤさんの親戚と言えば、THE MAD CAPSULE MARKETS(ザ・マッド・カプセル・マーケッツ)のドラマー・宮上元克(みやがみもとかつ)さんがいます。

キタニタツヤさんと、宮上元克さんは叔父と甥の関係です。

アーティストとして活躍している2人が親戚同士というのもすごいですね。

キタニタツヤは東大でのサークルは何?

キタニタツヤさんは、東大の「TOKYO COM」というDTM作曲サークルに所属していました。

東大では勉強だけではなく、音楽活動も同じように熱心に取り組んでいたんですね。

現在東大では、2つのサークルが合併した音楽のサークルがあるようですね。

今後新たに、サークルからキタニタツヤさんのようなアーティストが誕生する日が来るのでしょうか?

キタニタツヤは東大首席で現役の天才?何学部でサークルや受験の理由まとめ

東京大学出身のアーティスト・キタニタツヤさんについてお伝えしてきました。

キタニタツヤさんは東大を首席で入学したのではという噂がありましたが、実際のところ事実かどうかは不明でした。

しかしながら、キタニタツヤさんは、東京大学文学部を現役で合格していることが分かっています。

そして、キタニタツヤさんは、東大の「TOKYO COM」というDTM作曲サークルに所属しました。

また、キタニタツヤさんが東大を受験することにした理由は、親に負担をかけたくないことと、親戚を学歴で黙らせてやると思ったことからでした。

2024年も、引き続き活躍が期待されるキタニタツヤさんに今後も目が離せませんね。

大みそかの紅白歌合戦が楽しみです。

 

 

 

error: Content is protected !!