日常 PR

海外からの謎の電話はなぜ?出てしまった・かけ直してしまった料金や対策方法も!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2019年頃から徐々に増えてきた謎の海外からの電話。

一時期は『国際ワンギリ』と有名になるほど認知されていました。

しかし2023年に『+1』から始まる国際電話からの着信が急増しているそうです。

今回は海外からの謎の電話はなぜ?出てしまった・かけ直してしまった料金や対処方法まとめとていきます。

この記事でわかること↓

海外からの謎の電話はなぜ?

海外からの謎の電話出てしまった・かけ直しは料金かかる?

海外からの謎の電話出てしまったかけ直してしまった場合の対処法は?

海外からの謎の電話はなぜ?出てしまった・かけ直してしまった料金や対処方法まとめ

海外からの謎の電話はなぜ?

海外からの謎の電話ですが、『詐欺』もしくは『詐欺に利用できる情報を販売目的で集める』ためが多いです。

国際電話自体はかける側もお金がかかる認識ですが、国内からアプリを使い簡単に国際電話の番号を取得することが可能なようです。

今回特に多くなっている『+1』はアメリカ・カナダの番号になります。

  1. 国際電話で着信を残す
  2. 折り返し電話をかけてくる番号を調べる
  3. 企業や大使館を装い詐欺を働く、もしくは別の詐欺グループに『知らない番号でも反応をしてくれる番号・使用されている番号』として販売する。

詐欺の内容もランダムで電話をかけたり特定の番号にかけたりと様々です。

1つの詐欺グループなのか複数がそれぞれ国際電話の詐欺にかけようとしているのか不明です。

2023年の国際電話利用の詐欺や過去の『国際ワンギリ』など詐欺の内容を調べました。

ケース①折り返しで国際電話をかけることにより通話による高額請求

折り返しで国際電話をかけることにより通話による高額請求がきてしまうという昔からある手法の詐欺です。

  1. 詐欺グループがワンギリ
  2. 被害者が折り返す
  3. 国際電話料金が発生・日本の電話会社が料金徴収
  4. 日本の電話会社が接続料を海外電話会社の関係者へ支払い
  5. 海外電話会社関係者が詐欺グループへキックバックを支払う

詐欺グループと海外の電話会社の関係者が結託をしている状態です。

折り返し電話の通話料が完全に目当てとなり、ながく通話させるために音声ガイダンスなどが流れるそうです。

ケース②未納請求

2023年9月に実際に被害にあった内容です。

  • 60歳代女性の携帯電話に米国やカナダからの発信を示す「+1」で始まる番号の着信。
  • 女性が出ると『サイト利用料金が1年間未納。詳細を聞くには『1』を押して』と自動音声の案内。
  • 番号を選択すると、電話事業者の担当者を名乗る男が応答。
  • 『きょう中に支払わないと民事訴訟を考えている』と伝え、未納料金の支払いとして、電子マネーの購入を指示。
  • 女性はコンビニで電子マネー30万円分を購入し、利用するために必要な番号を電話で伝え、だまし取られたという。

この場合、電子マネー30万円分の被害、かけ直している可能性も見ると通話料もかかっている可能性があります。

民事訴訟と言われるとパニックになってしまうのも当然ですが、電話がつながった状態でも一度冷静になることが大切です。


似た内容で大使館や高額当選を装っている場合もある様で被害が急増しています。

ケース③情報収集

着信履歴を残す場合、折り返しの通信料が目的の時もある様ですが、ランダムで反応する番号を見つける目的も含まれている場合もあります。

  • ロボットがランダムに電話して、生きてる電話番号と使われていない番号を仕分けしている
  • 電話に出たということは、電話番号に持ち主がいるという証拠。
  • その番号をリストに記録して、そのリストを詐欺集団に売る

反応した番号を販売・これから詐欺にかける情報収集目的の可能性です。

また、中には電話に出たときの『はい、〇〇です。』とゆう音声やプッシュ反応を利用して詐欺を働くという手口があるそうです。

  1. 『はい、Aです。』と名乗って電話に出る
  2. ロボットが名前を認識
  3. 音声ガイダンスで『あなたはAさんですか?ハイなら1を押してください。』と流れる、もしくは『はい』と返事をしてしまう。
  4. 番号を押したことや音声を悪用されてたり、番号を押したことにより不明サイトに課金される可能性がある。


何気に出てしまい反応してしまいそうになりますよね。

すぐに電話を切ることが大切です。

詐欺電話がかかってこないようにする対策

対策として電話番号を新しくしたから大丈夫というわけではありません。

番号を新しくしたとしてもスマホも固定電話も『過去に誰かが使用していた番号』になります

ダークウェブでは『詐欺にかかりやすい相手の電話番号』というリストもあると一時話題となりました。

その番号の過去の持ち主が『詐欺にかかりやすい相手の電話番号』というリストに載ってしまっている可能性があるからです。

携帯(スマホ)電話番号について

  • 1999年に携帯番号が『090』の番号が使用・11桁になり、2002年に『080』が追加、2014年にはPHSの番号『070』も携帯番号として使用。
  • 電話番号のサイクルは特に基準はないですが1年~3年ほど間隔を開け、次の人の番号となる。
  • 番号が不足した時期は3か月程度のサイクルで、電話会社の采配で期間が変わる。
  • 2017年頃、電話番号が枯渇し、『060』で始まる番号を携帯番号に振り分けるか、総務省が検討に入る。
  • 2021年12月には2024年までは大丈夫ではないかと『060』番号の導入を見送り。

国際番号だけではなく新規なのに間違い電話や迷惑電話がかかってくる理由としては納得ですよね。

たとえ新しい番号の『060』が増えたとしてもランダムでかけてきた場合対処ができないですよね。

スマホ対策としては以下が有効です。

  • 安易に応対しない、かけ直さない。
  • 知らない電話番号で不安になったらウェブサイトで調べてみる。
  • 着信拒否リストに入れる。
  • 間違ってかけ直さないように番号を削除する。
  • スマホ本体の電話帳以外電話がかかってこないように設定する。
  • 固定電話はナンバーディスプレイ付きで確認できるようにする。
  • スマホの場合、各電話会社が進めるアプリなどを使い極力アプリにはじいてもらう。

固定電話の場合は警視庁から出ている内容が有効です。

国際電話だけであれば上記のような警察からの案内で対策をとることも可能ですよね。

しかし国際電話だけではなく、国内の電話番号も安心できないところです。

数年前に間違い電話であったものの、子供に買った新規の携帯に金融会社の督促の電話がかかってきたとSNSで話題になったこともありました。

間違い電話ではあるものの子供にとってはびっくりしたことと思います。

今は国際電話の詐欺が急増しているだけで国内の電話番号で詐欺にかかる被害がないわけではありません。

2019年から『国際ワンギリ』が増えた事を考えると油断せずに自分にもかかってくる可能性があると認識していた方が予防になると思います。

とにかくトラブルに巻き込まれないためには、国際電話や知らない番号には反応しないという方法と対策が大切ですね。

海外からの謎の電話出てしまった・かけ直しは料金かかる?

海外からの謎の電話出てしまった場合は基本かかりませんが、着信にかけ直した場合、通話料が発生します。

謎の電話に出てしまった時にかかる場合もあります。

  • 固定電話にかかってきた携帯電話を転送にしている場合
    転送のサービス料がかかる。
  • コレクトコールに了承した場合
    コレクトコール(電話を受けた方が料金を負担)を承諾すれば通話料が着信側負担。

料金は国によって、通話時間と利用している電話会社の通話料金プランでも大きく違うため、料金は一概には言えません。

国外旅行中のお友達や家族に電話する場合もあると思います。

例えばお隣の韓国、旅行される方多いですよね。

時間帯や電話会社で違ったりもするのですが、大体高いところで1時間7~8000円・安いところでも1500円~1800円のようです。

これが詐欺の国際電話であれば・・・電話に出ない、折り返さない、被害にあう前なら間違えて触らないよう削除が賢明ですよね。

海外からの謎の電話出てしまったかけ直してしまった場合の対処法は?

海外からの謎の電話出てしまったかけ直してしまった場合の対処法は慌てずすぐに電話を切りましょう。

情報収集が目的なのか、詐欺にかけるのが目的なのかは全く不明です。

電話に出てしまった、かけ直してしまった場合は相手が何を言っても反応せず、すぐに電話を切り、警察相談専用電話や消費生活センター等に連絡を入れてください。

またかかってきた番号を削除せず、相談窓口で番号を伝えることも大切です。

※間違えてかけ直さないように注意してください。

  • 警察相談専用電話「#9110」
  • 消費者ホットライン「188」

私自身、国際電話ではないものの、ガラケーで振り込め詐欺の被害者になりそうになったことがあります。

金銭的な被害はなかったのですが当時10代だったので精神的不安は尋常で時はありませんでしたが。

警察で相談したことにより大丈夫だという安心感も得られました。

たまたま警察に居るタイミングで詐欺からの電話を警官の方が出てくださり非常に感謝した覚えがあります。

電話に出てしまった、かけ直してしまった場合はすぐに電話を切り相談することを思い出してくださいね。

海外からの謎の電話はなぜ?出てしまった・かけ直してしまった料金や対処方法まとめ

海外からの謎の電話はなぜ?出てしまった・かけ直してしまった料金や対処方法まとめ

海外からの謎の電話はなぜ?

『詐欺』もしくは『詐欺に利用できる情報を販売目的で集める』ためが多い

海外からの謎の電話出てしまった・かけ直しは料金かかる?

基本かかりませんが、着信にかけ直した場合、通話料が発生

海外からの謎の電話出てしまったかけ直してしまった場合の対処法は?

慌てずすぐに電話を切り警察相談専用電話や消費生活センター等に連絡

詐欺の種類も、電話・メール・ネット広告、本当に増えましたよね。

ただ、いろいろな可能性や対策を知っていれば万が一でも対処は可能です。

現代は小学校3年生ぐらいで携帯やスマホの所持率が上がると言われています。

新規で携帯を契約する保護者にとっても子供に教えておくと安心かもしれませんし、大人でも周知して被害にあわないようにしたいですね。

 

 

error: Content is protected !!