テレビ PR

不適切にもほどがあるの原作は漫画?脚本家やあらすじまとめ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

不適切にもほどがあるの原作は漫画なのでしょうか?

脚本家や制作陣あらすじなども気になりますよね!

今回は、不適切にもほどがあるの原作は漫画?脚本家やあらすじ・についてまとめていきます。

この記事でわかること

  • 不適切にもほどがあるの原作は漫画?
  • 不適切にもほどがあるの脚本家は誰?
  • 不適切にもほどがあるのあらすじは?

 

不適切にもほどがあるの原作は漫画?

不適切にもほどがあるの原作は漫画ではありません。

宮藤官九郎さん脚本のオリジナルストーリーです。

不適切にもほどがあるの原作脚本家・宮藤官九郎さんについてはこちらで詳しき紹介します。

宮藤官九郎さんが脚本で主演は阿部サダヲさんというと、期待感が高まりますよね!

また、ネタバレもないので毎回新鮮な気持ちでストーリーに入り込むことが出来るのも魅力のひとつですね!

脚本家以外の制作陣についてはこちらに代表作などをまとめました。

人物 役職 代表作品(テレビドラマ) 代表作品(映画)
磯山晶 テレビプロデューサー

映画プロデューサー

元漫画家

  • プロデューサーになりたい
  • 池袋ウエストゲートパーク
  • 木更津キャッツアイ シリーズ
  • タイガー&ドラゴン
  • 流星の絆空飛ぶ広報室
  • ごめんね青春!
  • 離婚しようよ
木更津キャッツアイ 日本シリーズ
木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
大奥
大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]
勝野逸未 テレビプロデューサー
  • 地獄の沙汰もヨメ次第
  • ミラクルボイス
  • ケータイ刑事銭形海
  • 離婚しようよ
・ミステリと言う勿れ
・グランツーリスモ
・アリスとテレスのまぼろし工場
金子文紀 テレビドラマの演出家、映画監督
  • ケイゾク
  • 池袋ウエストゲートパーク
  • 流星の絆
  • SPEC〜警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿〜
大奥 シリーズ

 

この表を見ると、3名とも宮藤官九郎さんと作品を共に制作していることがわかりました!

「不適切にもほどがある」は、宮藤官九郎さん節がぎっしりと詰まった見ごたえのある作品になること間違いなしですね!

 

不適切にもほどがあるの脚本家は誰?

不適切にもほどがあるの脚本家は、宮藤官九郎さんです。

宮藤官九郎の代表作品を以下の表でまとめました。

宮藤官九郎さんの作品は多岐にわたり、特にドラマと映画で高い評価を受けています。

作品の種類 タイトル 公開・放送年
ドラマ 『池袋ウエストゲートパーク』 2000年
ドラマ 『木更津キャッツアイ』 2002年
ドラマ 『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』 2006年
ドラマ 『ゆとりですがなにか』 2016年
ドラマ 『離婚しようよ』 2023年
映画 『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』 2003年
映画 『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』 2006年
映画 『舞妓Haaaan!!!』 2007年
映画 『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』 2016年

これらの作品は、宮藤官九郎さんのユニークな世界観と独特のユーモアが特徴で、幅広い層から支持されています。

特に『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』は、彼の代表作として広く知られており、日本のドラマ史において重要な位置を占めています。

『ゆとりですがなにか』もドラマから映画化もされ、大ヒットしていますね!

不適切にもほどがあるのあらすじは?

不適切にもほどがあるの原作はこちら!

この物語は、宮藤官九郎によるオリジナル作品で、昭和時代のおじさんが1986年から2024年にタイムスリップし、現代の人々に影響を与えるヒューマンコメディーです。

物語の中心は、時代を超えて変わらない親子の絆や、時代によって変わるべきでない価値観を見つめ直すことにあります。

主人公は小川市郎(おがわ・いちろう)、阿部サダヲが演じる中学校の体育教師で、野球部の顧問です。

彼は「地獄のオガワ」として恐れられ、荒っぽい言動が特徴ですが、実は妻を病気で亡くし、一人娘の非行に悩む普通の父親でもあります。

仲里依紗さんは、市郎が現代で出会うシングルマザーの犬島渚(いぬしま・なぎさ)を演じます。

磯村勇斗さんは、1986年に生きるアイドルに心酔する秋津睦実(あきつ・むつみ)役

吉田羊さんは2024年から1986年にタイムスリップする社会学者の向坂サカエ役を演じます。
サカエはフェミニズムの旗手で、昭和の人々の破天荒な行動に鋭くツッコミを入れます。

このドラマは、過去と現在を行き来することで、時代の変化とそれに伴う人々の価値観の変化を描きつつ、家族の絆や愛情といった普遍的なテーマを探求しています。

また、阿部サダヲさんの演技や宮藤官九郎さんの独特な脚本が、物語に深みとユーモアを加える期待のドラマですね!

 

不適切にもほどがあるの原作は漫画?脚本家やあらすじまとめ

不適切にもほどがあるの原作は漫画?脚本家やあらすじ・キャストについてのまとめはこちら!

  • 原作: なし(オリジナル脚本)
  • 脚本家: 宮藤官九郎
  • あらすじ: 昭和のおじさん・小川市郎が1986年から2024年にタイムスリップ。荒っぽい言動で周囲に衝撃を与えつつ、時代を超えた家族の絆や価値観を描くヒューマンコメディー。
  • キャスト:
    • 阿部寛(小川市郎)
    • 仲里依紗(犬島渚)
    • 磯村勇斗(秋津睦実)
    • 吉田羊(向坂サカエ)

この作品は、宮藤官九郎の独特なユーモアと人間ドラマが融合した作品で、時代を超えた親子の絆や社会の変化をテーマにしています。

 

error: Content is protected !!