話題 PR

ふたご座流星群2023東京で見える場所や方角は?ピーク時間や穴場スポットも!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ふたご座流星群2023東京で見える場所や方角ははどこを見たらいいのでしょうか?

ピーク時間や穴場スポットも気になりますよね!

そこで今回は、ふたご座流星群2023東京で見える場所や方角は?ピーク時間や穴場スポットについてまとめていきます。

この記事でわかること

ふたご座流星群2023東京で見える場所や方角は?
ふたご座流星群2023東京ピーク時間
ふたご座流星群2023東京の穴場スポット

 

ふたご座流星群2023東京で見える場所や方角は?

ふたご座流星群2023東京での観測については、流星群は特定の方角から見えるわけではなく、空全体から流れ星を見ることができます。

東京都内で観測する場合、月明かりに影響されず、流れ星を観察しやすい環境が望ましいです。

おすすめの観測スポットは以下の通りです。

多摩川河川敷

  • 特徴: 多摩川河川敷は、都心からのアクセスが良く、広い空が見渡せるため、流星群観測に適しています。
  • アクセス: 二子玉川駅や多摩川駅から徒歩でアクセス可能。

井の頭恩賜公園

  • 特徴: 池や自然が多く、都心の喧騒から離れた静かな環境で観測が楽しめます。
  • アクセス: 吉祥寺駅から徒歩でアクセス可能。

これらの場所は、木や建物が邪魔にならない開けた場所であり、星空観測に適しています。

ただし、冬の夜は寒いため、防寒対策をしっかりと行い、暗闇に目が慣れるまで時間をかけて観測することがおすすめです。

また、天候や月の明るさも観測条件に影響するため、事前にチェックしておくと良いでしょう。

出典:https://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/13/4410.html

ふたご座流星群2023東京で見える場所や方角は?ピーク時間や穴場スポットも!

ふたご座流星群2023東京ピーク時間はいつ何時?

2023年のふたご座流星群の東京での観測ピークの時間帯は、2023年12月14日の夜から15日の明け方です。

【ふたご座流星群2023のピーク時間(東京)】

  • ピーク日時: 2023年12月14日の夜から15日の明け方
  • 最も活発な時間: 12月15日の午前4時頃
  • 観測のベストタイム: 12月14日の21時から15日の5時頃まで

【ふたご座流星群2023東京の観測ポイント】

  1. 活発な流星群
    ふたご座流星群は、年間を通じて最も活発な流星群の一つです。
    特に、極大を迎える12月15日の4時頃には、多くの流れ星が観測できる可能性が高いです。
  2. 前後の日もチャンス
    極大日の前後数日間も、比較的多くの流れ星を見ることができます。
    そのため、14日の夜から15日の明け方にかけて、観測のチャンスが広がります。
  3. 防寒対策が重要
    12月の夜は寒くなるため、暖かい服装やブランケットを用意することが重要です。
    長時間の観測には、体温を保つための準備が必要です。
  4. 暗闇に目を慣らす
    星空観測では、暗闇に目を慣らす時間を取ることが大切です。観測開始の15分前には、スマートフォンや明るい光源から離れ、目を暗闇に慣らしましょう。
  5. 天候と月の影響をチェック
    流星群の観測には、晴れた夜空が理想的です。
    また、月の明るさも観測条件に影響するため、事前に月の状態を確認しておくと良いでしょう。

 

ふたご座流星群2023東京の穴場スポット

2023年のふたご座流星群を東京で観測する際の穴場スポットについて、以下にまとめます。

  1. 砧公園(世田谷区)
    • アクセス: 東急田園都市線「用賀」駅から徒歩20分。
    • 特徴: 都内からのアクセスが便利で、広々とした公園内は星空観測に最適。
  2. 目黒天空庭園(目黒区)
    • アクセス: 東急田園都市線池尻大橋駅から徒歩約3分。
    • 特徴: 屋上庭園で、高低差があり、都内で星空を楽しむのに適している。
  3. 渋谷スカイ(渋谷区)
    • アクセス: 渋谷駅直結・直上。
    • 特徴: 渋谷の中心部に位置し、都市の夜景と共に流星群を観測できる。
  4. 六本木ヒルズスカイデッキ(港区)
    • アクセス: 東京メトロ日比谷線「六本木駅」から徒歩3分。
    • 特徴: 高層ビルの屋上で、開放的な視界が流星群観測に適している。
  5. 奥多摩湖(西多摩郡)
    • アクセス: 奥多摩駅からバスで15分。
    • 特徴: 自然豊かな環境で、都心の光害から離れた場所にある。
  6. 高尾山(八王子市)
    • アクセス: 京王線・高尾山口駅からケーブルカー利用。
    • 特徴: 登山が楽しめる自然豊かな環境で、夜景も美しい。
  7. 武蔵野の森公園(府中市)
    • アクセス: 西武多摩川線「多磨」駅から徒歩5分。
    • 特徴: 敷地が広く、家族でゆったりと星空観測ができる。
  8. 夢の島公園(江東区)
    • アクセス: 東京メトロ有楽町線、JR京葉線、りんかい線「新木場駅」から徒歩5分。
    • 特徴: 東京湾が近く、開けた空間での観測に適している。
  9. 石神井公園(練馬区)
    • アクセス: 西武池袋線「石神井公園」駅から徒歩7分。
    • 特徴: 自然が豊かで、静かな環境が星空観測に最適。

これらのスポットは、都心の喧騒から離れ、星空観測に適した環境を提供しています。

ただし、夜間の観測の際は安全にも注意し、公園や施設の開園時間や夜間の利用規則を事前に確認してください。

ふたご座流星群2023東京で見える場所や方角は?ピーク時間や穴場スポットまとめ

ふたご座流星群2023東京で見える場所や方角は?ピーク時間や穴場スポットについてまとめたものはこちら!

  • 見える方角:
    ふたご座流星群は、空全体に流れ星が見られます。
    特に深夜、天頂付近から四方八方に流れる。
  • ピーク時間:
    2023年12月15日午前4時頃が極大。
    ピーク時間帯は深夜2時から5時の間。
  • 穴場スポット:
    1. 砧公園(世田谷区): 都内アクセス便利、広々とした公園。
    2. 目黒天空庭園(目黒区): 屋上庭園、高低差あり。
    3. 渋谷スカイ(渋谷区): 渋谷中心部、夜景と共に観測。
    4. 六本木ヒルズスカイデッキ(港区): 高層ビル屋上、開放的な視界。
    5. 奥多摩湖(西多摩郡): 自然豊か、光害少ない。
    6. 高尾山(八王子市): 登山と夜景。
    7. 武蔵野の森公園(府中市): 敷地広く、家族向け。
    8. 夢の島公園(江東区): 東京湾近く、開けた空間。
error: Content is protected !!