話題 PR

ふたご座流星群2023北海道で見える場所や方角は?ピーク時間や穴場スポットも!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

日本三大流星群の一つであるふたご座流星群が見られる時期となりました!

ふたご座流星群は特に流星の数が多いと言われており、実際に見てみたいという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ふたご座流星群2023北海道で見える場所や方角は?ピーク時間や穴場スポットも!についてまとめました♪

 

この記事でわかること

  • ふたご座流星群2023北海道で見える場所は?
  • ふたご座流星群2023北海道の方角は?
  • ふたご座流星群2023北海道のピーク時間は?
  • ふたご座流星群2023北海道の穴場スポットは?
  • ふたご座流星群2023北海道で見える場所や方角は?ピーク時間や穴場スポットまとめ

 

ふたご座流星群2023北海道で見える場所は?

ふたご座流星群2023北海道で見える場所は、札幌市がおすすめです!

なんと北海道の中でも、札幌市はふたご座流星群がきれいに見えると言われています。

そしてふたご座流星群2023北海道で見える場所を選ぶときに、下記のような場所を選ぶのがポイントです。

  • 周辺に街灯などがなく真っ暗
  • 視界が開けていて空を広く見渡せる
  • 風が強すぎない

ふたご座流星群2023北海道で見える流星の数は、どうしても観察する場所の空の明るさが影響してしまいます。

より多くのふたご座流星群2023を見たいと思ったら、やはり街灯がなく真っ暗で、周りに建物がない空を広く見渡せるような場所が適していると言えるでしょう。

ふたご座流星群2023北海道の穴場スポットは、また後程紹介しますね☆

ふたご座流星群2023北海道で見える場所は札幌市で、周りに街灯や建物がなく真っ暗な視界が開けている場所とお伝えしました。

とはいえこちらは最低限の条件ですので、例えばお子さんがいる方は近くにトイレがある場所だったり、人によっては自販機がある場所や地面が舗装されていて歩きやすい場所だったり、必要であれば追加で考えてみてくださいね。

 

ふたご座流星群2023北海道の方角は?

ふたご座流星群2023北海道の方角は、結論から言うとどの方角からでも見えます!

ふたご座流星群の流星は放射状に飛び出しますが、流星が発光する位置は様々です。

基本的にはどの方角からでも見えると言われています。

流星は、放射点(注4)を中心に放射状に出現しますが、放射点付近だけでなく、どちらの方向にも現れますので、なるべく空の広い範囲を見渡すようにしましょう。また、屋外の暗さに目が慣れるまで、最低でも15分ほどは観察を続けると良いでしょう。

(ふたご座流星群が極大(2023年12月)|国立天文台公式ホームページより引用)

ふたご座流星群2023北海道で見えるかどうかは、方角よりも条件に左右されます。

ふたご座流星群2023はここ数年で月明りの影響もなく、絶好の観察条件だそうです!

先ほどお伝えしたように、

  • 周辺に街灯などがなく真っ暗
  • 視界が開けていて空を広く見渡せる
  • 風が強すぎない

といったふたご座流星群2023北海道で見える場所を選ぶことで、より多くのふたご座流星群2023を見ることができるでしょう。

ふたご座流星群2023北海道の方角はどの方角でも大丈夫ですので、条件がそろう場所を選んで見てみてくださいね!

 

ふたご座流星群2023北海道のピーク時間は?

ふたご座流星群2023北海道のピーク時間は、12月15日(金)の0時から3時頃です!

国立天文台は以下のように発表しています。

最も多く見えるのは12月14日夜から15日明け方と考えられます。空の暗い場所で観察した場合、14日21時頃には、すでに、1時間あたりの流星数が30個を超えそうです。放射点が高い空に達する15日0時から3時頃においてはさらに多くなり、暗い空で見える流星数は、1時間あたり70個に達する可能性があると予想されます(注3)

(ふたご座流星群が極大(2023年12月)|国立天文台公式ホームページより引用)

ふたご座流星群2023の活動が最も活発になる時間は12月15日(金)4時頃と言われています。

この前後の時間帯であれば、ふたご座流星群2023の流星を多く見ることができるでしょう。

ふたご座流星群2023北海道のピーク時間は12月15日(金)の0時から3時頃ですが、ふたご座流星群2023は12月13日(水)の夜から15日(金)の明け方まで見られます!

ふたご座流星群の流星の活発な時間は長く続きますので、ピーク時間以外でも見られそうですね。


特にふたご座流星群2023は、観測条件がかなり良いと言われています!

ふたご座流星群2023北海道のピーク時間には、1時間に70個の流星数が流れる可能性もあるそうですよ!

12月15日(金)の0時から3時頃であれば比較的観測しやすい時間ですので、ふたご座流星群2023を北海道で見られたら素敵な思い出になりそうですね☆

 

ふたご座流星群2023北海道の穴場スポットは?

ふたご座流星群2023北海道の穴場スポットは、以下の通りです!

  1. 定山渓ダム
  2. 支笏湖
  3. サンピラーパーク森の休暇村
  4. 満点の星の丘
  5. 美幌峠
  6. 十勝岳展望台
  7. 摩周湖
  8. カシオペアの丘

それぞれご紹介していきますね♪

 

①定山渓ダム

北海道でも最大の規模と言われている定山渓ダムは、周りに街灯や建物がないのでふたご座流星群2023の観測にぴったりの場所です。

広場や展望台から観測するといいかもしれませんね!

札幌市内からも車で1時間もかからずに行けますし、近くに無料の駐車場もいくつかありますので気軽にふたご座流星群2023を見に行ける場所と言えます。

バス停から歩くと距離がありますので、車で行ける方にはおすすめの穴場スポットです!

定山渓ダム
住所:北海道札幌市南区定山渓8区
公式ホームページはこちら

 

②支笏湖

支笏湖は北海道千歳市にある深く透明度が高い湖です。

支笏湖の周りに案内所や宿泊施設、レジャー施設などがあるものの、高い建物はないのでふたご座流星群2023を観測するには問題ないでしょう。

こちらも札幌市から車で1時間ほどで行けますし、無料の駐車場もあります。

透明度の高い綺麗な支笏湖とふたご座流星群2023を合わせて見られるなんて素敵ですね♡

支笏湖
住所:北海道千歳市
公式ホームページはこちら 

 

③サンピラーパーク森の休暇村

北海道名寄市にあるサンピラーパーク森の休暇村はキャンプ場ですので、ふたご座流星群2023の観測にはもってこいの場所です!

なぜならサンピラーパーク森の休暇村「星の見えるキャンプ場」とも言われており、天文台も隣接されているからです!

コテージも利用可能ですので寒さを気にしなくていいですし、お子さんと一緒でも安心してふたご座流星群2023の観測ができますね。

サンピラーパーク森の休暇村
住所:北海道名寄市日進147−147−2
電話番号:01654-3-9555
公式ホームページはこちら

 

④満点の星の丘

北海道士別市にある満点の星の丘は、名前の通り肉眼でも星が見えるという穴場スポットです!

周りに視界を遮るものがなく、まるでプラネタリウムにいるような星空を楽しむことができると言われています。

季節によって天の川や夏の大三角、北斗七星なども見ることができるそうですよ!

ロマンチックな場所なので、デートスポットとしてもおすすめだそうです♡

こちらも最寄り駅から車で15分ほどかかってしまいますので、車で行った方がよさそうですね。

満点の星の丘
住所:北海道士別市西士別町
公式ホームページはこちら

 

⑤美幌峠

美幌峠は北海道川郡にある阿寒国立公園内にある穴場スポットです。

展望台の標高はなんと525メートル!

中島が浮かぶ美しい屈斜路湖を見渡せるほどの大パノラマは、ふたご座流星群を見るのにぴったりのスポットですね!

無料駐車場もありますので、車で行ける方にはおすすめです。

美幌峠
住所:北海道川上郡弟子屈町屈斜路
公式ホームページはこちら

 

⑥十勝岳展望台

十勝岳展望台は、北海道美瑛町にある大雪山国立公園十勝岳本峰の真下に位置しています。

なんと旭川市から富良野市まで、360度の大パノラマで見ることができるんです!

紅葉が綺麗なスポットとして人気のため、ふたご座流星群2023を見るにはまさに穴場スポットかもしれません!

ただし、周りが山が多いということもあってか冬は閉鎖期間があるので、開いているか確認が必須になります。

駐車場の数も少ないので、事前準備をしっかり行う必要がありそうです!

十勝岳展望台
住所:北海道上川郡美瑛町白金
公式ホームページはこちら

 

⑦摩周湖

「摩周ブルー」「霧の摩周湖」とも言われており、全国的に有名な湖である摩周湖もふたご座流星群2023北海道の穴場スポットです!

摩周第一展望台、摩周第三展望台、裏摩周展望台の3つの展望台があり、摩周湖付近では星空ツアーも開催されているほど、星空を見るのにおすすめの場所になっています。

摩周湖には駐車場はありますが、普通自動車で500円の料金がかかりますので注意してくださいね。

摩周湖
住所:北海道川上郡弟子屈町
公式ホームページはこちら 

 

⑧カシオペアの丘

カシオペアの丘は、北海道石狩市にある嶺泊駐車場公園内に位置しています。

北海道有数の星空観測スポットと言われており、水平線まで広がる星空の大パノラマは圧巻です!

石狩湾を一望でき、海沿いで光もないのでふたご座流星群2023を見るのに適した場所と言えます。

様々な方角から星空を見ることができますが、電波塔を背景にして星空を見ると他では見られないような風景が見られるのでおすすめですよ♪

夜は周りに照明や街灯がなく、駐車場も真っ暗なので注意して移動するようにしてくださいね。

カシオペアの丘
住所:北海道石狩市厚田区嶺泊

どの穴場スポットも素敵な星空が見える場所ですので、ぜひ行ってみてくださいね!

 

ふたご座流星群2023北海道で見える場所や方角は?ピーク時間や穴場スポットまとめ

ふたご座流星群2023北海道で見える場所や方角は?ピーク時間や穴場スポットまとめはこちらです!

  • ふたご座流星群2023北海道で見える場所は?→札幌市がおすすめ!
  • ふたご座流星群2023北海道の方角は?→どの方角からでもOK!
  • ふたご座流星群2023北海道のピーク時間は?→12月15日(金)の0時から3時頃!
  • ふたご座流星群2023北海道の穴場スポットは?
    定山渓ダム、支笏湖、サンピラーパーク森の休暇村、満点の星の丘、美幌峠、十勝岳展望台、摩周湖、カシオペアの丘

ふたご座流星群が見えるのも間もなくです!

今年は絶好の観察条件になっていますので、楽しみですね♪

error: Content is protected !!