話題 PR

ふたご座流星群2023沖縄で見える場所や方角は?ピーク時間や穴場スポットも!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今年もふたご座流星群が見れる日が近づいてきました。

2023年は8年ぶりの好条件で観測ができると言われていますね!!

沖縄で観測はどの方角なのか、どのような場所で観測しようか悩んでいる方多いのではないでしょうか。

今回はふたご座流星群2023沖縄で見える場所や方角は?ピーク時間や穴場スポットまとめていきたいと思います!!

この記事でわかること↓

ふたご座流星群2023沖縄で見える場所は?

ふたご座流星群2023沖縄の方角は?

ふたご座流星群2023沖縄のピーク時間は?

ふたご座流星群2023沖縄で見える場所や方角は?ピーク時間や穴場スポットまとめ

ふたご座流星群2023沖縄で見える場所は?

ふたご座流星群2023沖縄で見える場所は、流星群は放射点から全方向に広がる為、空全体が見渡せる開けた場所での観測がおすすめです。

流星群はシャワーのように広がるので場所はほぼ問いません。

ピークがお仕事などの都合でお出かけできない場合でも庭先やベランダからも観測できます。

出典:国立天文台

外で観測するときは空の広い範囲を見渡せるようにするとより多くの流星が見れるかもしれません。

13日から沖縄は天気に恵まれていて、極大と言われる15日もより多くの流星が観測ができます。

出典:ウェザーニューズ

また今年は観測条件もよく、新月にあたる為、月の光影響が少ない状態で観測できます。

8年ぶりの好条件で晴天に恵まれるので沖縄では最高の観測ができるでしょう。

ぜひ広い場所で空全体を見渡せるように観察してみてくださいね!!

ふたご座流星群2023沖縄の方角は?

ふたご座流星群2023沖縄の方角は流星群はほぼ真上にある放射点から全方向に広がる為、方角は気にしなくてよいと思います。


流星群のピークの始まりである12月13日が新月で月明かりの影響も少ないです。

 

流星群は放射点付近だけでなくから、シャワーのように降り注ぐように流れます。

空の広い範囲を見渡せる場所でレジャーシートやリクライニングチェアを使って楽な姿勢で観測すると良いでしょう。

※場所によっては使用できない可能性も高いので注意してください

ふたご座流星群2023沖縄のピーク時間は?

ふたご座流星群2023沖縄のピーク時間は12月15日4時頃に極大になります。

  • ふたご座流星群2023のピークは12月13日から15日の各日夜
  • 12月15日4時頃に極大
  • 沖縄は天候に恵まれるので13日夜~14日明け方、14日夜~15日明け方近く夜間かなりの流星を観測できる
  • 流星は放射点が空に昇る21時頃から出現、放射点が空高く上る夜半を過ぎるころに流星の数が増え始める
  • もっとも多く流星が観測できるのは14日の明け方と15日明け方()
  • 空の暗い場所で観測した場合、流星の数は1時間当たり30個以上みられる

15日前後も多くの流星が観測できるのですが、13日は新月の為月明かりの邪魔がない状態で観測に適しています。


既に沖縄ではちらほら流星が確認されているようですね。


2021年はピーク時に月の明かりの影響があったようですがそれでもかなり明るい流星が確認できます。

今年はさらに観測できると思うと楽しみですよね!

ぜひ沖縄で流星観測するなら極大となる15日にち明け方に観測してみてくださいね!

ふたご座流星群2023沖縄の穴場スポットは?

ふたご座流星群2023沖縄の穴場スポットやイベントをまとめてみました!

お勧めスポット・イベント

  1. 茅打バンダ
  2. 残波岬
  3. 八重山諸島
  4. 古宇利島
  5. 辺戸岬
  6. ふたご座流星群観望会2023@大石林山

茅打バンダ

茅打ちバンタは地元民でも穴場と人気スポットです!


夏でもかなりきれいに空が見えますよね。

ふたご座流星群に期待が募りますね!

無料の駐車場はあるものの15台と少な目ですので注意が必要です。

残波岬

観光客にも人気スポットとして有名ですが、地元民にも人気の場所です!!


星を見に来るなら残波岬という方も多いようです。

きれいなサンセットが見れると有名ですが、星空の観測場所としても有名です。

 

八重山諸島

八重山諸島は星空保護区に認定された場所として認識している方も多いのではないでしょうか。

八重山諸島にある西表石垣国立公園が、国内初の「星空保護区」に認定、アジア全体で2番目、世界では59番目の「ダークスカイ・パーク」です。

星空保護区に認定されたのは八重山諸島が日本初で、かなり見ごたえのある夜空が見れます。


沖縄県・八重山諸島に位置する西表石垣国立公園が、国内初の「星空保護区」に認定されました。アジア全体で2番目、世界では59番目の「ダークスカイ・パーク」です。

西表石垣国立公園以外の八重山諸島(石垣島・竹富島・小浜島・西表島・鳩間島・与那国島・黒島など12の離島)は星空保護区外ですが星空保護区同様に星が見れます。

古宇利島

古宇利島は星も夜景もきれいに見えます。


こちらも人気スポットですよね。

本島から古宇利島につながる古宇利大橋も人気スポットです。

車で簡単にアクセスできるのも人気の理由です。

島内は宿泊施設やカフェなども多くあります。

施設のテラスなどから夜空を楽しむことができますよ。

辺戸岬

沖縄本島北部の辺戸岬、大石林山からも近い場所になり空全体が見渡せるためお勧めです。

辺戸岬は沖縄海岸国定公園指定なので、遊歩道が整備されています。

暗がりでも安心して歩くことが出来るのでかなりお勧めです。

ふたご座流星群観望会2023@大石林山

大石林山ではふたご座流星群の観測イベントが開催されます!!

出典:大石林山オフィシャルサイト

開催日時 2023/12/13(水)〜2023/12/15(金)
住所 沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241
問い合わせ先 大石林山(ダイセキリンザン)   Tel:0980-41-8117

残念ながら2023年12月12時点で予約が満員となってキャンセル待ちだそうです。

イベント参加は少し難しそうですが、大石林山は流星の観測場所としてもおすすめスポットです。

イベント中は展望台など自然散策路への立ち入りができないようになっているようですので注意してくださいね。

ふたご座流星群2023沖縄で見える場所や方角は?ピーク時間や穴場スポットまとめ

ふたご座流星群2023沖縄で見える場所や方角は?ピーク時間や穴場スポットまとめ

ふたご座流星群2023沖縄で見える場所は?

流星群は放射点から全方向に広がる為、空全体が見渡せる開けた場所での観測がおすすめ

ふたご座流星群2023沖縄の方角は?

放射点から全方向に広がる為、方角は気にしなくてよいと思います

ふたご座流星群2023沖縄のピーク時間は?

ピーク時間は12月15日4時頃に極大をむかえる

ふたご座流星群2023沖縄の穴場スポットは?

茅打バンダ・残波岬・八重山諸島・古宇利島・辺戸岬など

沖縄ではふたご座流星群の見ごろ、13日から15日が晴天なのでどの日も観測日和ですね!!

また最低気温も19℃~20℃の為寒さを感じることはないかもしれませんが夜は冷え込む可能性も捨てきれないので準備だけはしておくのがおすすめです。

8年ぶりの好条件で観測できますのでぜひ夜空を見上げて癒されてくださいね!!

 

 

 

error: Content is protected !!